お知らせ

ケアサポートセンター十思

基本情報

所在地
〒103-0001東京都中央区日本橋小伝馬町5番19号 十思スクエア別館 3階・4階・5階
事業内容 / 定員
地域密着型特養(4・5階) :29名(特養)、8名(ショートステイ)全室個室/ユニット型
小規模多機能型居宅介護(3階): 登録定員25名 1日の定員:通所15名、宿泊9名
運営法人
社会福祉法人 長岡福祉協会 首都圏事業部
開設日
平成26年9月1日
施設長
小林 秀行
サービス利用地域
東京都中央区を中心とした当該事業所が所在する生活圏域です。

施設概要

ケアサポートセンター十思(じっし)

ケアサポートセンター十思(じっし)の最寄り駅は東京メトロ日比谷線小伝馬町駅から徒歩1分です。
旧中央区立十思小学校跡地で、当時の校舎を改修して現在地域の交流の場となっている「十思スクエア」(歴史的な建造物で雰囲気のある概観です)に隣接して建てられた別館に、「ケアサポートセンター十思」を運営しております。
また、2階には中央浴場組合が管理・運営する公衆浴場「十思湯」と中央区が管理・運営の小ホール(地元還元施設)がございます。

ケアサポートセンター十思(じっし)
ケアサポートセンター十思(じっし)

サービスのご案内

地域密着型特別養護老人ホーム

ケアサポートセンター十思には、地域密着型の二つのサービスがあります。
一つは地域密着型特別養護老人ホームです。これは港区新橋にある特別養護老人ホーム「新橋さくらの園」が中央区に開設した小規模介護施設になります。ショートステイも併設しています。
4つのユニットで構成し、少人数のご利用者で、できるだけ家庭的な雰囲気が伝わる生活空間を提供します。
施設内だけでなく、近隣での買い物や外食などを通じて、住み慣れた地域で安心して楽しみのある生活の場をきめ細かく支援します。
また、日に三度の食事をキッチンで作り、皆様と食卓を囲みます。ご利用者と職員の距離をより身近に感じあえるよう支援します。

ケアサポートセンター十思(じっし)
ケアサポートセンター十思(じっし)

小規模多機能型居宅介護

もう一つのサービスは、小規模多機能型居宅介護です。通所介護を中心に、訪問介護や宿泊サービスを組み合わせて在宅生活の継続を支援していきます。

ケアサポートセンター十思(じっし)
ケアサポートセンター十思(じっし)
ケアサポートセンター十思(じっし)
ケアサポートセンター十思(じっし)
ケアサポートセンター十思(じっし)
ケアサポートセンター十思(じっし)

ご利用までの流れ

1
施設での生活の様子を理解し、安心してご利用いただくために、施設見学・体験利用を随時実施しております。
ご希望される方はまずはお電話にてお問い合わせ下さい。
2
  • 入所をご希望される方

  • 地域密着型特別養護老人ホームのご入居をご希望される方は、施設あてに申し込みが必要です。3月と9月の年二回、締め切りがあります。
  • 短期入所をご希望される方

  • 短期入所につきましては随時受け付けておりますが、基本的にご利用希望は2ヶ月前の一日(土、日、祝日の場合は次の平日)にご担当のケアマネージャーから頂きます。
    申込書は当事業所までご請求ください。
  • 小規模多機能型居宅介護をご希望される方

  • ご利用を希望される場合は、施設あてにご連絡下さい。正式に決定した際、これまでのケアマネージャーを変更する必要があります。
3
ご利用にあたり、相談員等がご自宅に訪問させて頂きます。
在宅生活のご様子、ご家庭での暮らしの場を拝見することは、施設での環境をより在宅へ近づける意味でも、とても大切です。
その他契約書、重要事項説明書などの書類の確認とサービスのご利用内容、ご希望などお聞きします。どうぞご協力下さい。

アクセスマップ

電車をご利用の場合

・小伝馬町駅
東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」4番出口から徒歩1分。5番出口から徒歩0分。

お問い合わせ

ご利用に関するご相談や資料請求等、随時受け付けております。
ご不明な点がございましたら下記連絡先まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ケアサポートセンター十思
地域密着型特別養護老人ホーム & 小規模多機能型居宅介護

地域密着型特養
電話番号 03-6264-9981 / FAX番号 03-6264-9982
担当 押樋(おおとい)
小規模多機能型居宅介護
電話番号 03-6264-9971 / FAX番号 03-6264-9972
担当 竹原